正社員とフリーでは休日の過ごし方が違う

IT業界の場合、正社員とフリーランスでは休日の過ごし方が違うことが多いです。
正社員の場合は休日を使って技術面の向上を図る場合が多いようです。
IT業界では技術の移り変わりが激しい傾向が強くなっており、半年や1年の間に技術が変わっていくことも珍しくありません。
移り変わりの速い技術に追いつくためには、休日を利用して技術の向上を図ることが有効な手段になります。
正社員の場合は、企業側からの勧めで資格を取得することもあり、その資格の取得には勉強が必須であるため、休日に資格試験の勉強を行うという過ごし方をする人もいることでしょう。
他にも、新しい発想や製品の作成に利用できそうな情報を仕入れるために読書を行う場合も考えられます。
休日に読書を行って知識を深めて、会議で活用する正社員もいます。
フリーランスの場合は、正社員のように技術向上のために休日の時間を充てる場合もありますが、異なる休日の過ごし方もします。
IT関係の企業に勤めている人が集まりそうな場所に出かけ、その場所に赴くことでIT関係の知り合いを増やすのです。
そこで出会った人と関係を深めることができればビジネスに繋げることができるかもしれません。
このように仕事以外の場所で専門的な話を交わせる相手と関わることで、自分の技術や実績以外で信頼関係を築くことに成功するでしょう。
フリーランスの場合はオンとオフの切り替えをはっきりさせるために、休日はリフレッシュ効果を期待して温泉や旅行に出かける可能性もあります。
もちろん、正社員とフリーランスの違いは休日の過ごし方だけではありません。
正社員とフリーランスそれぞれの良し悪しを含めた働き方の違いについて正社員VSフリーランスにまとめられているので、覗いてみるといいでしょう。